アオイSNS

アニメや漫画、ドラマやニュースなど様々な分野を取り上げてレビューしていこうと想います。

有名人に訴えられ死のうか迷った話をします

人名などはボカしますが、先日訴えられました

f:id:sarapan2014:20190921114834j:plain

内容について、また相手を刺激したくないので、全て隠した状態で話しますが、

とある有名人に直接訴えると言われました。

それは、とある内容に関する疑惑の記事でした。

 

それをツイッターなどで拡散させた結果、削除して欲しいと言われました。

自分も記事に問題があるなら修正して謝罪すると相手方には伝えました。

 

しかし、相手は具体的な修正箇所も言わず、ラチが開かないから訴えると急に言ってきました。

こちらには記事の修正・削除の意志があり、誠意を見せたつもりでした。

 

自分は相手方の弁護士に対し、何処に問題があったのかを尋ねるべく、話をしたいと申し出ました。

すると、開示請求をしたから、近日中に連絡がいくからと言われました。

 

自分も今までの経験で、こういう案件は何度か経験があるものの、

相手は有名人、しかも金持ちであり、『お前程度は簡単に潰せる』という意志を感じました。

 

 

正直怖くなりました。

今までは大抵が弁護士を間に挟んでの話し合いでしたが、いきなり訴えると言われて動揺しました。

 

パニックに陥りながらも記事の削除対応や、謝罪等をしましたが、

相手方は受け入れてはくれませんでした。

 

訴えられる・・・多額の請求・・・もう生きていられないと思いました。

気分は悪くなるし、熱まで出てきて、血圧がドンドン高くなってしまいました。

 

確かに自業自得なのかもしれませんが、ここまで一方的に話を進められるのかと。

そして、本気で死のうと思っていると相手方に伝えたところ、

まるで心配していないと言われました。

 

ハッタリだと。

 

死にたいと思ったのは確かですが、そう簡単に踏み切れるはずもありません。

しかし、恐ろしい現実もあり、その板ばさみで気がおかしくなりそうになりました。

 

そんな自分の自殺をツイッターの方々が励ましてくれました。

踏みとどまってよかったです。


 


弁護士の先生にお金を払って相談しました

正直言って生きた心地はしませんでした。

朝になって、ネットで弁護士の先生に相談しました。

 

ブログ記事の全文、DMのやりとりを見てもらい、判断を仰ぎました。

すると、弁護士の先生からは、『脅しである可能性が高い』と言われました。

 

記事や、DMの内容からも、例え裁判になったとしても、勝てる可能性すらあるほど、

言ってみれば、そこまで悪質なものではないとの判断でした。

 

自分も今朝、自分の文章を読み返しましたが、確かに相変わらず口は悪いし、

他人をネタに金を稼ごうとしていた部分はありますが、そこまで間違ったことは書かれていませんでした。

あくまでも憶測の範疇だと。

 

話は少し戻りますが、記事の削除の為に脅すにしろ、

『削除しなければ訴えます』でよくないですか?

 

『訴えました。覚悟してください』

そこまでしますか?

 

 

前者と後者ではまるで意味が違ってきます。

記事を消して謝罪すれば、それで話は終わりの前者に比べ、

後者は、ずっと怯え続けなければなりません。

 

ここまでしますか?

本気で自分が自殺してたらどうする気だったんでしょうか?

流石に死ぬ時は遺書は残します。

 

世間ではヒーローのような扱いを受けている方ですが、

一方ではこのような人を追い詰めるやり方をしているのです。

自分には弁護士費用は払う余裕はないので、出来る事なら争いたくはないと思ってるので、これ以上事を荒立てるつもりはありません。

 

しかし、本当に相手が訴えてきた場合、全てを公表したいと思います。

もしかしたら広く支援を募るかもしれません・・・

 

だけど、死ぬよりも戦う事を選びたいと思います。

その時は応援よろしくお願い致します。

 

まとめ

自分にも非があり、反省しなければいけない部分もあります。

しかし、こういった追い詰めるやり方に対して、本当に正しいのか?

今一度世間様に投げかけたいと思います。

 

込み入った話等は、DMを頂ければと思います。