アオイSNS

アニメや漫画、ドラマやニュースなど様々な分野を取り上げてレビューしていこうと想います。

バキ道 ネタバレ 39話 小結・炎クッソ強いwww

バキ道 ネタバレ 39話 小結・炎クッソ強いwww

f:id:sarapan2014:20190910151441p:plain

バキ道 ネタバレ 39話展開予想!

 

前回38話「VS横綱 零鵬」はこちら

身長165cm97kgという、力士にしてはかなり小柄だが、

主人公の範馬刃牙の身長も168cmということを考えれば、

一力士として小さくとも、一人の闘士と考えれば、別になくはないのかもしれない。

ガイアも小さいしな。

 

チビの特性としては、やはり俊敏性がモノを言うのではなかろうか。

彼の四股名『炎』・・・これも彼のファイトスタイルに起因している可能性もある。

俊敏性を活かし、かき回し、体に見合わない力強さを秘めている気もする。

 

かなりの腕の筋肉が力強さを物語っているからなぁ。 

 

炎と対する相手も、チビだからと侮ることだろう。

そして、不覚をとる・・・

 

だが、刃牙勢の中に炎をチビだからと侮る者はいないだろうな。

でも誰が相手をするのか?

当て馬となる者は分からないが、刃牙勢の中で彼とやるのは誰だ?

 

独歩か?

 

サイズ的には渋川先生が一番近い気がするけど、合気道の真髄を見せるには、

同じサイズ感ではつまらない。

どうせやるなら一番デカイ相手だろう。

 

新生・克巳という可能性もあるか。


 


炎のファイトスタイルは?

土俵で力士として戦う際は、恐らく相手をかき乱し、背後からの突き出しなど、

俊敏性を生かした戦い方をしていると思われる。

となると、組んで投げ飛ばすというよりも、打撃系に特化したファイトスタイルなのかもしれない。

 

もしかすると、別の格闘技経験もあるかもしれないが・・・

とにかく瞬殺されるような雑魚要員ではないと思う。

 

デカイ力士ばかりの中に一人小さい力士が選ばれてることにも、

やはり意味はありそうだ。

 

 

かなりの強キャラだと推察します。

 

【追記】最新話39話

 

まとめ

俊敏さ、手数の多さ、まさに炎が如く・・・か。

力士とは思えぬ身軽さで襲い掛かってくる。

そして、力士の力強さも併せ持っている・・・そんな気がしますね。

 

しかし、相手が空手家とかになると、単純な打撃では通用しないだろうな。

ふーむ・・・どんな戦術を使うのか楽しみだな。

 

また次回、木曜日の最新話を待て!!