アオイSNS

アニメや漫画、ドラマやニュースなど様々な分野を取り上げてレビューしていこうと想います。

弱虫ペダルネタバレ予想 第544話「先輩からの言葉」

弱虫ペダルネタバレ第544話予想

今回も弱虫ペダル最新話のネタバレ予想をしていきたいと思います!

前回第543話「15cmの表彰台」はこちら

表彰式を終え、チーム総北へ顔を出したOBたち。

金城・田所・・・そして巻島。

自分達が去り、次の世代にバトンを渡し・・・そして見事に優勝を飾った。

 

先輩として、後輩たちの勝利を願っていたとしても、

本当にそれを達成する事は難しいことなのだろう・・・それがロードレースというもの。

 

 

しかし、チーム総北は見事に優勝を勝ち取ってみせた。

チームが一丸となり、優勝を目指し、努力を積み重ね、本番でも実力以上のもの引き出し、限界を突破して勝ち得た勝利。

 

やはり先輩として労いの言葉の一つや二つ・・・かけたくもなるのが当然だろう。

特にキャプテンの手嶋は本当によくやったと田所だけでなく金城も巻島も思っているだろう。

 

手嶋は正直リーダーの素質はあったとしても、選手として何か光るものはもっていなかった・・・それが正直な評価だった。

しかし、その評価を覆す走りを見せ、こうして結果を残している。

手嶋は一見すると凄みを感じないが、一歩一歩・・・着実に進み、決して諦めない強い意志を持っている。

 

仲間を信頼し、また信頼されるだけの強さを持っていたのだ。

卒業生たちの予想を、いい意味で裏切り総北を優勝に導いた男・・・

手嶋純太・・・よくやったな!お疲れ様!


 


箱根学園は・・・

あと少しのところで優勝を逃した箱根学園。

今の心境は・・・やはり相当悔しいものがあるのだろう。

 

福富からキャプテンを引き継いだ泉田・・・

絶対王者・箱根学園の復権をかけた勝負だった。

 

初日こそ圧倒的な力を見せつけ、王者復活を予感させる走りを見せたが、

やはり最終日、総合優勝を飾ってこそ、意味のある勝利・・・

それを達成できなかった泉田は苦しんでいるやもしれない。

 

誰も泉田を責めることはないだろうから、それが逆に苦しいってこともあるよな。

 

そんな泉田に声をかけるのは、やはり福富や荒北しかいないんじゃなかろうか。

しかし、これが最後の3年生に、どんな慰めの言葉を言った所で、

リベンジの機会がないんじゃなぁ・・・

 

 

荒北も真波に言っていたけど、インターハイの敗北は、

インターハイで払拭する他にないって・・・こうなった以上、全ては次の世代に託すしかないか。

 

福富はともかく、荒北は案外笑って励ますかもだな。

そして、真波のケアは東堂が何か言うかもだが、まぁ・・・今年の真波はそこまで落ち込んではいないだろうから、心配ないかもだが。

 

さて、総北では巻島が坂道に祝辞でも述べてるかな。

 

【追記】最新話544話です。

 

まとめ

それぞれの総括・・・

京伏はどんな終わり方をするのか気になる所だけど・・・

多分、そんなに取り上げられない気がするなw

 

また次回、木曜日の最新話を待て!!