アオイSNS

アニメや漫画、ドラマやニュースなど様々な分野を取り上げてレビューしていこうと想います。

【ゲゲゲの鬼太郎53話感想】ヒカキン登場!チャラトミを改心させるYouTuberの鑑


しろんのアンテナ

ヒカキンの姿が妖怪以上に妖怪ww

f:id:sarapan2014:20190428095431p:plain

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』53話・・・

 

今回も箸休め回。

クズウーチューバーのチャラトミも、就職活動に勤しんでるようなのだけど、

やはり現実は厳しいようで、面接に受からない日々。

 

たとえ就職できたとしても、毎日満員電車に揺られて会社に行き、

そこで上司にペコペコしながら働いて、家賃と食費を稼ぐだけの日々。

果たしてこれは生きているといえるのか!?

 

こんな死んだような目で社会の歯車になるのはゴメンだ!

チャラトミは人生の主役でありたいと、またしてもウーチューバーに。

 

そんな中、偶然にも妖怪・抜け首と知り合う。

互いの利害が一致し、協力しあうことに。

 

程ほどを知り、他人に迷惑をかけずにやってればよかったのに

 

チャラトミと抜け首のコンビの動画は、徐々に人気を集め、

ついには街中で声をかけられるまでになった。

 

しかし、チャラトミと抜け首の本気度に温度差が出てくる。

毎日動画を上げたいチャラトミと、少し休みたいという抜け首。

 

まだまだ有名になって広告収入を得たいチャラトミだが、

抜け首は、程ほどに有名になり、すでに満足げ。

少し休みたい・・・と、二人の情熱に温度差が生まれてしまう。

 

だが、抜け首がいう事を聞かない以上、どうすることも出来ない。

失意の中、就職活動の面接に向かうチャラトミ。

 

生気を失い働きに向かう人間の顔を見て、こんな奴らと同じにはならない!と、

暴走を始める。


 


さすがヒカキン

f:id:sarapan2014:20190428100618p:plain

チャラトミは抜け首の胴体を抜け首が寝ている間に掻っ攫った!

抜け首という妖怪は、頭と胴体に体が分れることができ、

頭は熱を、体は冷気を放つ性質を持つ。

 

普段は頭と胴体が一緒になることでプラマイ0なのだが、

頭と胴が離れていると、頭はどんどん高熱を帯び、逆に体は冷気を放ち続ける。

 

体を失った抜け首は、自身の意志とは無関係にどんどん肥大化し、

まるで太陽が2つになったかのように、日本中を熱気で包んでしまう。

 

程なくしてチャラトミが放送を開始。

抜け首の胴体を見つけるミッションを発動させ、全国民から批判の的にw

それを人気と勘違いして大喜びしてるあたり、とんでもない大バカモノなのは間違いなさそうだ。

 

ねこ娘と鬼太郎がチャラトミの家に凸して説得を試みるも、上手く行かない。

流石に人間相手に力ずくとはいけないだろうからね。

 

そんな中、まなちゃんが抜け首の胴体のありかを発見。

抜け首の特性を考え、日本全体が熱くなるなか、抜け首の胴体があるところだけは、

温度が低いのではないかと考えたようだ。

 

その予想は的中!

一箇所だけ気温が低い地点が!

鬼太郎とねこ娘はその場所に向かう。

 

チャラトミは、それを止めようと外に出るのだが・・・

高熱にやられて倒れこんでしまう・・・

 

 

そんな中、現れたのが、人気ウーチューバーのヒカキンだった。

とんでもない事件を巻き起こした犯人と知ってか知らずか手をさしのべるヒカキン。

 

そして、チャラトミを、自費でレンタルしたスノーマーシーンの所に連れて行き、

救ったのだった。

そこにいた子供たちに誘われ遊ぶヒカキンを目の当たりにして、怒りがこみ上げてくる。

 

自分が始めたゲームなのに主役面をするヒカキンがムカついてしょうがないようだ。

 

「僕はただ、自分が好きな事を全身全霊で楽しんでるだけですよ?」

 

と語ったw

 

「全身全霊で楽しむって、案外楽じゃないけどね。

 でも、そうしてはじめて人は人生の主役になれる気がするんだよね」

 

ヒカキンの言葉に、大切なことを気付かされたチャラトミ。

 

抜け首の方は、鬼太郎が胴体を運び、なんとか大惨事を免れることができた。

その後、鬼太郎とねこ娘がチャラトミを説教に向かうも、どうやら相当反省した様子。

 

居酒屋で働き始めたチャラトミは、今を楽しんで生き生きとしているようだった。

めでたしめでたし・・・と。

 

まとめ

なんかいい話風に見えるけど、ヒカキンが金にものを言わせてスノーマシンを全部レンタルして、独り占めにしてるのは、ちょっとアレかなって思ったけどねw

 

まぁでもさすがヒカキンだよ。

クズウーチューバーのチャラトミを改心させるとはなぁ(´・ω・`)

 

自分が好きな事を、全身全霊で楽しむ・・・か。

自分の好きな事で食って行けるなら、みんなそうしてると思うけどね。

そうはいかんのが現実だろうな。