アオイSNS

アニメや漫画、ドラマやニュースなど様々な分野を取り上げてレビューしていこうと想います。

トレース 科捜研の男 第11話(最終話)感想!千原ジュニアがサイコすぎてヤバすぎると話題!


しろんのアンテナ

トレースドラマ感想第11話(最終話)!

f:id:sarapan2014:20190218000202j:plain

ネタバレ感想11話(最終話)・・・

色んな意味で最高すぎた・・・いや最低・・・!?

ここ最近のドラマの最終回で群を抜いて衝撃的な最終回だったわ・・・

 

3年A組以上だぞこの衝撃は・・・

マジで・・・トレース、伝説になったろこれ・・・

 

25年前の武蔵野一家殺人事件の真相がついに明らかになったわけだが、

想像以上にゲスというかスゴかったわ・・・

 

ここから先、全てを明らかにしていきます・・・

色々と衝撃的です((((;゜Д゜)))

 

ネタバレですよ!!

 

佐保が死んだ

25年前の武蔵野一家殺人事件の犯人と思わしき人物・佐保・・・

真野の読みでは、この佐保こそが真野の姉を妊娠させ、家族を皆殺しにした犯人・・・

 

しかし、その佐保はこのタイミングで事故死・・・!?

佐保の遺体の第一発見者になった真野と早川。

 

真野はこれまでの経緯を虎丸やノンナたちに語って聞かせた。

そして事件を整理したところで、早速佐保と、姉の体内から見つかった胎児のDNAを検査・・・

 

だが、結果は・・・親子関係はないことが判明

 

それと、事故死に思われた佐保の死も、現場検証の結果、何者かが事故を装い

殺した形跡が見つかった。

 

真野や虎丸たちは、姉が付き合っていた人がいないかもう一度聞き込みをする。

殺された真野のお姉さんが他校の男子生徒と一緒だった情報も新たに入り・・・

その結果・・・卒業アルバムに壇(千原ジュニア)を見つける。

 

当時、壇の父親は警視総官か何か、とにかく警察のトップで、事件など容易にもみ消せる立場にあった。

 

もし犯人が壇であったとしても、事件を公にすることは難しい・・・

 

・・・・・・

・・・

 

そんな矢先、壇が科捜研に査察を理由に乗り込んできた。

そして、DNA検査に興味があると言い出し・・・指示のもと、口の裏側からDNAを採取するのだが・・・

 

本来口の裏側をブラシで4、5回こすればいいところを・・・

 

ゴシ・・・・!!ゴシ・・・・!!ゴシ・・・!!ゴシ・・・・!!

 

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ!!!

 

恐怖wwwwwwwwwwwwww

 

 

千原ジュニアの口から血がドバーーーって流れ出すwww

もうネット騒然ですよwww

 

マジでヤバかったww

最初のゴシ!!から、すでにもう様子がおかしかったけど、

まさかの加速て・・・・

 

一見すると完全ギャグなんだけど、迫真の演技というか真顔が怖すぎて・・・

正直この最終回、マジで録画しといてよかったと思う程千原ジュニアの演技がヤバかった。。

 

いい意味でね。

狂気の演技やらせたら凄いな千原ジュニア・・・・

 

「これが欲しかったんでしょ」

 

そういって、血染めのブラシを袋に入れて投げ渡す壇・・・

真野が壇のDNAを喉から手が出る程欲しかった時に、タイミングよくあらわれ、

さらにDNAまで提出してきた・・・

 

余程の自信があるということなのか?

 

DNAを検査するが・・・結果は不一致。

真野のお姉ちゃんを妊娠させた相手ではなかった。

そして犯人でもない・・・

 

・・・・・・

・・・

 

真野はこの結果を早川に報告・・・

その際に早川が漏らした姉の『妊娠三ヶ月』に引っかかりを感じ、早川の飲み物のストローを持ち帰りDNA鑑定。

 

結果・・・

早川が姉のお腹の赤ん坊の父親と判明・・・!!

 

やっぱオメェだったのか・・・!!

その後、早川に連絡を入れても応答がなくなってしまった。

 

虎丸と真野は、早川の勤め先に話を聞きに行くと、すでに2ヶ月も前に塾をやめていた。

早川の自宅の住所を教えてもらい、部屋を捜索・・・

するとそこには早川の遺書が・・・

 

真野はその遺書が、本当に早川が書いたものなのか筆跡鑑定を依頼。

その結果、本人の直筆と鑑定された。

 

真野は鑑定書のサインを鑑定。

その結果、科捜研で使っている特殊なペンのインクで書かれている事が判明。

それはこないだ査察に来た壇が記念に持って帰ったボールペンだと真野は察した。

 

真野は壇に会いに行き・・・全ての決着をつけるべく二人きりに。


 


事件の真相があまりに酷かった

真野が真実に辿り着いたように思えたが、実は全て壇に仕組まれ、導かれた結果だった。

 

新妻を殺したのも、佐保を殺したのも早川・・・。

正確には壇が早川に命じて殺させた。

 

25年前の事件をもみ消した事もあり、言いなりだったのだろうな。

早川は少しずつ情報を真野にもたらし、事件の真相に近づけていった。

壇の目的は、『真野に事件の真相をつきつけること』だった。

 

最初は「え?」って思ったが、後々の告白で、意味がわかる。

 

全ては25年前にはじまった・・・

当時、高校生だった壇は、偶然アーチェリーの帰りの真野の兄を映画館で目撃した。

真野の兄が仲間たちと楽しそうに笑っている姿が・・・

 

壇のハートを撃ち抜いてしまったようだ。

 

もう完全にサイコだよね。

ただ笑ってた兄の顏が、寝ても覚めても忘れられない。

どうにかして、あの笑顔をグチャグチャに壊したい衝動に駆られたそうだ。

 

そんな中、偶然知った問題児の新妻と佐保の起こした事件。

壇は、二人の事件をもみ消す代わりに、真野のお兄さんを徹底的にいじめるように依頼した。

 

そして壇は、真野のお兄さんが徹底的にいじめられている様子を見て、大興奮したそうだ。

しかし、やりすぎてしまったせいか、真野の兄は不登校になってしまった。

 

これでは真野の兄のいじめられている様子が見られない・・・

そんな中、真野にとっては衝撃的な事件が起きる。

 

清純だと思われていた真野の姉は、とんでもないドベスケ女だった・・・

教師である早川と不倫・・・

そして早川の子供を身ごもってしまった。

 

しかし、世間体と家族を優先した早川はあっさりと真野の姉を捨てた。

その姉はどうしたのか・・・

 

なんと、こともあろうに、

兄をいじめさせていた壇に、依頼をもちかけてきたのだ。

 

兄をいじめたように、先生を徹底的にイジメ抜いてほしいと。

最初この話を聞いた真野は、壇の作り話かと思ったが・・・

用意周到な壇は、証拠映像を残していた。

 

その映像には、姉が壇に依頼する場面が映し出されていた。

そして兄などどうでもいいとの発言も・・・

 

真野が今まで思い描いていた仲の良かった家族像が崩れ落ちていく・・・

流石にこれはショックが大きすぎたのか、映像を映し出していた映写機を机から落とす真野・・・

 

そこからは、早川がイジメのターゲットになった。

壇はそれを新妻と佐保にやらせた。

 

不倫をネタに、恐喝し、イジメ抜き・・・

生徒と学校の板挟みで早川は見る見るうちに精神を病んでいった。

 

 

そして、壇はここぞとばかりに早川に囁く。

あの女は、イジメだけでは済まさない。

子供を産んで、あなたの全てを壊し尽くす・・・と。

 

そして極めつけの一言・・・

「殺してしまえばいい」

 

この一言が早川のスイッチを押してしまい・・・

結果、早川は真野の姉を殺害・・・

後から帰ってきた両親をも殺害・・・

 

その後、壇と新妻・佐保が事件現場に訪れ、早川はようやく正気を取り戻し、

自身のしでかした現実を目の当たりにした。

 

壇はこの事件も揉み消してやるという。

流石に無理だと思ったが、真野の兄に全ての罪を着せ、一家心中にしてしまえばいいと壇は考えたのだ。

 

実は姉や両親が殺されている時、真野の兄は2階の自室にいたのだ。

しかし、ヘッドホンをして勉強をしていたため、一切気付かなかった。

 

その後、新妻と佐保が兄を事件現場に連れて行き・・・

変わり果てた両親と妹の姿を見せつけた。

壇は泣き崩れる兄の顏を見て絶頂しそうになっていた。

 

そして、壇は次のステップへ進む。

兄に遺書を書けというのだ。

 

当然だが兄はそれを拒んだ。

死にたくないのは当然だ。

 

しかし、壇は徹底していた。

お前が死ななければ、弟を殺す・・・

そう脅され・・・兄は遺書を書いた。

 

そして・・・電気コードを使い、新妻と佐保に兄を自殺に見せかけて殺させた。

壇は自らは手を汚さずに、真野の両親と兄と姉を殺させたのだ。

 

全ては真野の兄の笑顔が気にくわなかったせいで・・・ここまでするとは・・・

そして、真野の兄とそっくりな真野の顏・・・

 

その顏を絶望にゆがませたい!!!

その為に、この残酷すぎる真実を突きつけたのだ!!

 

全ての真相を知った真野は、もはや殺意しかない。

この壇という男は生かしてはおけない。

 

だが、真野に人が殺せるのか?

ナイフを突きつけては見るが・・・

 

相手は実際には誰も殺してはいない・・・

殺人教唆も証拠がない・・・

 

壇はナイフを取り上げ、代わりに真野に銃を握らせ、銃口を自らの眉間に押し当てる。

撃てと。

 

しかし、真野は撃てなかった・・・

 

完全敗北をした真野、それを見て愉悦ジュニアになる壇・・・

 

そんな時だった!!

 

突如物陰から飛び出してきた早川に腹を包丁で刺される壇!!

早川は壇の力で海外逃亡する手はずだったが、海外で殺されるかもしれないと思った早川は国内に残り・・・こうして壇を刺しに来たようだ。

 

千原ジュニアの刺された顏の演技がリアルすぎてビビる。

あんな片目だけ半目とか・・・すげぇリアルで怖すぎたんだがww

 

壇を刺し終わり、自ら命を絶とうとする早川を救い・・・

ナイスタイミングで虎丸とノンナが踏み込んできた。

 

その後、壇は一命をとりとめ、病院に救急搬送。

いつ目が覚めるか解らないって話だったが、ラストのラストで目が明いてた。

あんな悪鬼生かしてちゃだめだろww

 

真野は前に進むために、壇と早川を救った。

早川はともかく、壇を救ったのはまずかったかもだな・・・

 

トレースは原作が完結してないのなら第2シリーズもあるかもしれんすなぁ。

なんせ目が明いたしなw

 

まとめ

結局、どいつもこいつもゲスだったってことだな・・・

真野の姉ちゃん、悪漢にヤられた説とかあったけど、ガンガンに不倫してたなんてな。

不登校になった兄の事も蔑んでた節もあるし・・・

 

不倫はダメだね。

とくに未成年とはダメ絶対!ロクな結果にはなんないんだから。

 

それにしても千原ジュニアに全部もってかれたな・・・

ホント凄かった。

サイコ役千原ジュニアにやらせたらマジで怖すぎて洒落にならんわw

 

トレース面白かったなぁ。

話がエグすぎるけど。。