アオイSNS

アニメや漫画、ドラマやニュースなど様々な分野を取り上げてレビューしていこうと想います。

■2019年1月18日(金)更新

■2019年1月17日(木)更新

【ヤマト運輸】あ?カスハラ上等だよ!!って思った話

許せるものかよッ!

f:id:sarapan2014:20181212234026p:plain

巷ではカスハラ・・・いわゆる『カスタマーハラスメント』が話題になっているようだ。

いわゆるカスタマーセンターに、悪質クレーマーがギャンギャン言う行為を言うようだ。

自分はカスタマーセンターに怒りをぶつけた事はないと思うけど、

相手のミスに対し、文句を言いたくなった事はあるな。

 

まぁ・・・カスタマーセンターの人はまるで関係ないので八つ当たりになってしまうので絶対しちゃいけないと思います。

 

タイトルの件も、実際にカスハラを起こしたわけではなく、

あくまでも『カスハラを起こしてでも怒りをぶつけたくなった』という話ですので、

その点はご理解いただきたいです。

 

今年の8月の話

f:id:sarapan2014:20180827145202p:plain

別ブログで、大分前に記事にしたことなのだけど、ヤフオクで購入した商品を、

ヤマト運輸の配達員が、無理矢理ポストに入れて、商品を折り曲げてしまった。

 

配達中は無事だったのに、この配達員が無理矢理入れたせいでこうなってしまった事に対し、補償して欲しいといったのだが、

ヤマト運輸は補償外の一点張り。

 

 

確かに補償のない配達方法ではある。

輸送中に問題が起きたならば、それは仕方無い事なのかもしれない・・・

しかしだ。

 

これは配達員が無理矢理入れて折れた話。

これで補償できませんって納得がいきませんよね?

 

結局、品物は落札した方が無償で交換してくれたので、よかったのですが、

こちらとしては、ひたすらに感謝しかないです。

 

もう補償はいいよ。

謝りにこいと。

 

本来なら、翌日に謝罪に来てもいいレベルなんだがな。

ここからが酷かった。


 


ヤマト運輸は卑怯すぎた

f:id:sarapan2014:20181205155209p:plain

「数日後に、一人の社員が謝罪&折れた商品を受け取りに来ました。

 その方は、配達した張本人ではなかったが、ひたすらに謝っていた。

 後日、上司と、配達した本人を連れ、謝罪に来ることを約束し、

 その日は帰っていった」

 

f:id:sarapan2014:20181205155650p:plain

「何故、数日経ってるのに、本人が謝罪に来ないんだろう・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155230p:plain

「無関係な先方に謝られても、こっちだって関係ない人に

 怒りをぶつけるなんて出来ないじゃん?

 怒りはドンドン高まっていくのに、それをぶつけられないっていう。

 本当にイライラしたよ」

 

f:id:sarapan2014:20181205155735p:plain

「それは・・・たしかに」

 

f:id:sarapan2014:20181205155250p:plain

「だけど後日現れたのは上司一人だった。

 しかも『オートロック開けれないので玄関まで迎えにきてください』って・・・

 でも、先日お宅の部下は入ってきましたよ?っていうね・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155655p:plain

「てか、なんで張本人こないの?」

 

f:id:sarapan2014:20181205155230p:plain

「そうなのよ!!

 何故か上司一人・・・張本人は今日お休みしてますってさ。

 

 お休みって・・・

 マジで舐めてるとしか思えない。

 

 問い詰めると、実は配達した人間はヤマトの社員ではなく、

 個人事業主で配達の請負をしている人だったんだって。

 

 社員じゃないので謝罪にも来ないですっていうんだよ。

 おかしくない?

 

 社員かどうかは、そっちの都合であって、

 こっちは折り曲げた張本人から謝罪がないと、

 このモヤモヤがずっと晴れないじゃん?

 

 いくら上司のあなたが謝罪した所で、怒るに怒れないじゃん。

 これはいくらなんでも卑怯でしょ。

 汚いよヤマト運輸・・・」

 

 

f:id:sarapan2014:20181205155726p:plain

「ヤマト運輸・・・ひどいところだ」

 

f:id:sarapan2014:20181205155250p:plain

「ちなみに、その時に誠意として渡されたのがこれだ」

 

f:id:sarapan2014:20180828144503j:plain

 

f:id:sarapan2014:20181205155230p:plain

「トートバッグ二個て・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155742p:plain

「ほ、ほしい・・・」

 

f:id:sarapan2014:20181205155259p:plain

「ほしいじゃなくて!

 なんでヤマトにブチギレてんのにヤマトのグッズで許しを請うのか

 意味がわかりませんよ・・・

 

 結局、その上司に面と向かって怒鳴り散らすことも出来ず、

 モヤモヤだけが残った。

 

 カスタマーサービスに電話して、文句の一つも言いたくなったが、

 もはや、そんな気力もわきませんでした」

 

f:id:sarapan2014:20181205155749p:plain

「カスタマーに文句言ってもね」

 

f:id:sarapan2014:20181205155209p:plain

「まぁな・・・でも怒りのぶつけ所がないって

 ホントヤベェから。

 被害者なのに、なんなのこれ。

 

 後日談・・・実は上司に名刺を貰っていて、

 そちらにメアドが載っていたのでメールを出したのだ。

 

 直接謝罪に来れないのはわかった。

 だったら、入れた張本人に謝罪文を書かせて、ポストに投函させてくれ・・・と。

 

 そうでもしないと、こっちの気がすまないんだもん。

 だって聞いたら、厳重注意で特に処分はないっていうんだよ?

 謝罪もない、処分もない、弁償もない・・・

 

 ありえねぇだろこいつら。

 でも結局謝罪文は投函されることはありませんでした。

 

 これがヤマト運輸の実態です」

 

f:id:sarapan2014:20181205154646p:plain

「確かにカスタマーに文句の一つもぶつけたくなる案件だね。

 まぁ、悪質クレーマーにならなくてよかったじゃないか」

 

f:id:sarapan2014:20181205155209p:plain

「正直、これからはヤマトという選択肢はないと思ってる。

 あいつ等雑すぎるだろ・・・」

 

まとめ

なんか、ただのヤマトへの愚痴になってしまったのだけど、

カスハラしてでも怒りをぶつけたかったなーってお話でした。

交換してくれた先方には感謝しかありません・・・ほんとあの時は申し訳ございませんでした・・・